古今和歌集巻下(片仮名本) こきんわかしゅうまきげ かたかなぼん

 / 鎌倉 / 近畿 

鎌倉中期
紙本墨書 袋綴装冊子本
縦28.0cm 横21.0cm
1冊
重文指定年月日:20150904
国宝指定年月日:
登録年月日:
国宝・重要文化財(美術品)

『古今和歌集』は醍醐天皇の命により作られた最初の勅撰和歌集で、後の勅撰集の規範となった。藤原清輔(1104~1177)は実証的な六条藤家の歌学大成させた人物であり、本書は清輔本系統の写本として、中世以降の古今集研究史上重要な位置にある。清輔本の最古本を片仮名書きで書写した、類例が少ない鎌倉時代中期の写本として重要である。

関連リンク

古今和歌集巻下(片仮名本)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

勅撰和歌集
拾遺抄
古今和歌集〈藤原定家筆/〉
新古今和歌集竟宴和歌
顕注密勘〈春部/〉
ページトップへ