簸河上 ひのかわかみ

その他の美術 / 鎌倉 / 関東 

東京都
鎌倉
紙本墨書
綴葉装冊子本
縦16.1cm 横15.6cm
1帖
東京都世田谷区岡本2-23-1
重文指定年月日:20160817
国宝指定年月日:
登録年月日:
公益財団法人静嘉堂
国宝・重要文化財(美術品)

簸河上は,後(ご)嵯峨院(さがいん)歌壇(かだん)の中心的な人物であった真(しん)観(かん)(葉室(はむろ)光俊(みつとし))が,鎌倉幕府6代将軍宗(むね)尊(たか)親王の和歌指南書として作成した歌論書である。内容は,和歌の起源を『古事記』の素戔嗚尊(すさのおのみこと)の「八雲(やくも)立(た)つ」の歌から説き起し,藤原(ふじわらの)公(きん)任(とう)の歌論書『新撰(しんせん)髄脳(ずいのう)』などを引きながら展開している。書名は,出雲神話にある簸河の川上で素戔嗚尊が八岐大蛇(やまたのおろち)を退治した伝説に由来する。
 本書は,奥書からみて,文応元年(1260)の成立からあまり下らない鎌倉時代後期の書写になる最古写本である。

作品所在地の地図

関連リンク

簸河上チェックした作品をもとに関連する作品を探す

新撰和歌髄脳
新撰和歌髄脳

藤原俊成
冷泉為相

八雲御抄
俊頼髄脳
後鳥羽院御抄〈并/〉越部禅尼消息
栄花物語
ページトップへ