俊頼髄脳 としよりずいのう

 / 鎌倉 / 近畿 

鎌倉時代
紙本墨書、綴葉装冊子本
縦16.5cm 横15.9cm
1帖
重文指定年月日:20080710
国宝指定年月日:
登録年月日:
公益財団法人冷泉家時雨亭文庫
国宝・重要文化財(美術品)

源俊頼(1055~1129)が関白藤原忠実の命を受け、鳥羽天皇に嫁いだ忠実の娘泰子に献上したとされる歌学書で、内容は和歌にまつわる故実や伝承などを説話的に記している。本書は藤原定家(1162~1241)の監督下に書写されたもので、現存最古写本である。巻頭と奥書とは定家の筆になる。

関連リンク

俊頼髄脳チェックした作品をもとに関連する作品を探す

新撰和歌髄脳
新撰和歌髄脳

藤原俊成
冷泉為相

九条殿御集
簸河上
長秋詠藻〈上中下/〉
興風集
ページトップへ