九条殿御集 くじょうどのぎょしゅう

その他の画像全4枚中4枚表示

 / 鎌倉 / 九州 

福岡県
鎌倉時代
紙本墨書、綴葉装冊子本
縦15.0cm 横14.8cm
1帖
福岡県太宰府市石坂4-7-2
重文指定年月日:20080710
国宝指定年月日:
登録年月日:
国(文化庁)
国宝・重要文化財(美術品)

『九条殿御集』は平安時代注記の藤原師輔(908~960)の私家集で、内容は女性との贈答歌を主とした日常の交遊歌からなる。本書は藤原定家(1162~1241)監督の下で書写された古写本で、冊子本としては現存最古写本である。表紙および料紙の一部には雲母刷の美麗な唐紙が用いられている。

作品所在地の地図

関連リンク

九条殿御集チェックした作品をもとに関連する作品を探す

成尋阿闍梨母集
讃岐入道集
俊頼髄脳
新撰和歌髄脳
新撰和歌髄脳

藤原俊成
冷泉為相

興風集
ページトップへ