文化遺産オンライン

栄花物語

えいがものがたり

概要

栄花物語

えいがものがたり

その他 / 鎌倉 / 関東

東京都

鎌倉

17帖

東京国立博物館 東京都台東区上野公園13-9

重文指定年月日:
国宝指定年月日:19550202
登録年月日:

独立行政法人国立文化財機構

国宝・重要文化財(美術品)

藤原道長の栄華を中心に描いた歴史物語『栄花物語』最古の写本。もと三条西家に伝来したもので、大型本10帖、枡型本7帖の2種を取り合わせて1部としている。両方とも奥書はないが、前者は鎌倉中期、後者は鎌倉初期の書写とみられる。『栄花物語』は古本系、流布本系、異本系に分類されるが、本書は古本系統の最古写本である。三条西実隆はその日記『実隆公記』永正6年(1509)11月4日、8日の条に、本書を全17冊を百疋にて入手した旨を記している。

栄花物語をもっと見る

国指定文化財等データベース(文化庁)をもっと見る

キーワード

/ / 書写 / 鎌倉

関連作品

チェックした関連作品の検索