星糞峠黒曜石原産地遺跡 ほしくそとうげこくようせきげんさんちいせき

その他の画像全8枚中8枚表示

史跡 / 中部 

長野県
小県郡長和町
指定年月日:20010129
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

 信州の霧ヶ峰から八ヶ岳の一帯には、北海道の白滝・十勝・赤井川、伊豆、隠岐、九州の腰岳・姫島などと並んで、火山国日本を代表する良質な黒曜石が産出する。その一つ、長野県小県郡長門町の星糞峠から虫倉山では、標高500から1500mの南北220m・東西300mの斜面一帯に小型の黒曜石原石が分布することが知られ、それに重なるように径10mほどのクレーター状のくぼみが200基ほど確認された。
 そのくぼみは直経3m、深さ3mほどで、それら竪坑が幾重にも重なっており、黒曜石の原石を採掘した跡である。周囲には土手状に多くの小型原石や剥片を交える排土が積まれ、くぼみも排土で半ば埋まっている。
 全体が黒曜石の採掘を目的とした場所であり、土器や石鏃などの道具類の出土は僅少で、この場所が営まれた時期判定は難しい。わずかに星糞峠の鞍部では縄文時代草創期の石器製作跡や竪穴状の遺構が確認され、虫倉山の中腹の採掘坑からは縄文時代後期の土器が発見されている。これらの事実から見て、縄文時代全般に及んで営まれていた可能性が高い。なお草創期の地点では膨大な量の石核・剥片・砕片と原石割りに使用された敲石や凹石が残されていた。
 本遺跡は、縄文時代を代表する良質な石材であった黒曜石の原産地に立地し、原石採掘、石器素材の獲得からその搬出までの様相を良好に示す。供給先でのこれら石器素材の消費の在り方、石器製作の様相等について解明することによって、縄文時代の石器生産の全体的な様相や物流、集落間のネットワークや交流網等が明らかにされると考えられ、本遺跡の意義は大きい。よって史跡に指定して保護を…

作品所在地の地図

関連リンク

星糞峠黒曜石原産地遺跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

星ヶ塔黒曜石原産地遺跡
上野忍岡遺跡群出土旧石器時代資料一括
田名塩田遺跡群出土黒曜石原石
田名向原遺跡
大鹿窪遺跡
ページトップへ