鍋島直正公御実歴一百図 なべしまなおまさこうおんじつれきいっぴゃくず

その他の画像全10枚中10枚表示

日本画 / 昭和以降 / 佐賀県 

北島兵一
きたじまへいいち
佐賀県
昭和8年(1933)/20世紀
絹本着色 折本装
竪22.4cm 横30.8cm 高さ6.0cm
1帖
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

佐賀県最初の博物館「徴古館」初代館長・西村謙三が、10代佐賀藩主・鍋島直正(1814~71)の事績を中心に100項目を選び出し昭和8年に制作した解説付き絵画集。内容は、『鍋島直正公傳』(大隈重信監修・久米邦武編述・中野禮四郎増補改訂/大正9年、侯爵鍋島家編纂所刊行)に基づいて抜粋されている。巻頭は、同年に創建された鍋島直正を祀る別格官幣社・佐嘉神社の全景。第八図からが直正の実歴で、幼少時代の遊戯の図で始まり、古川松根殉死の第百図で終わる。鍋島家献上本と徴古館閲覧本の二冊が制作された。

作品所在地の地図

関連リンク

鍋島直正公御実歴一百図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

鍋島直正公(閑叟公)実歴百話
鍋島直正公(閑叟公)実歴百話

西村謙三著、肥前史談会発行

古川松根純忠之碑拓影
古川松根純忠之碑拓影

鍋島直大 題字 久米邦武 撰 相良頼善 書

佐賀市松原付近図
下絵帖
下絵帖

松平慈貞院(貢姫・健子)

昭和10年代の銅像園
ページトップへ