雁図屏風 かりずびょうぶ

絵画  日本画 / 江戸 / 日本 

狩野岑信 (1662~1709)
かのうみねのぶ
日本
江戸時代
紙本金地著色 屏風装
左隻 縦155.0㎝ 横343.0㎝ 右隻 縦154.8㎝ 横342.7㎝
六曲一双
青森県弘前市大字下白銀町1-6 弘前市立博物館
弘前市 毛利家旧蔵品と推定される

狩野岑信は、江戸幕府の表絵師。冬の雁が定番だが、本作は春の野山に遊ぶ雁を描く。広がりのある空間にスミレやタンポポなどの草花、金彩を交えた雁の羽など細部描写も美しい。

作品所在地の地図

関連リンク

雁図屏風チェックした作品をもとに関連する作品を探す

竹図屏風
松竹梅鶴図屏風
唐人図屏風
唐人図屏風

平尾魯仙

唐獅子図屏風
唐獅子図屏風

鵜川常雲

山水図屏風
山水図屏風

狩野常信

ページトップへ