Karajishizubyobu

唐獅子図屏風

Details

Karajishizubyobu

唐獅子図屏風

絵画 / 日本画 / 江戸 / 日本 / 東北 / 青森県

鵜川常雲  (1620~1703)

うかわじょううん

青森県

江戸時代

紙本金地著色 屏風装

各 縦170.0㎝ 横357.0㎝

六曲一双

青森県弘前市大字下白銀町1-6 弘前市立博物館

弘前市 

金地に濃彩で牡丹と唐獅子を描いた華麗で豪壮な屏風。「益弘画」の墨書銘がある。鵜川常雲は、本名、真木益弘。弘前藩お抱え絵師。木挽町狩野家と弘前藩の仲介役となった。

Search by Karajishizubyobu

Search by 鵜川常雲

Search by 弘前市立博物館

Keywords

屏風 / びょうぶ / Edo /

Related Works

Search items related to work chosen