三顧之礼図 さんこのれいず

絵画  日本画 / 江戸 / 日本  東北  青森県 

毛内雲林  ( ~1837)
もうないうんりん
青森県
江戸時代/1829
絹本著色 掛幅装
縦98.0㎝ 横56.0㎝ 
一幅
青森県弘前市大字下白銀町1-6 弘前市立博物館
弘前市

「文政十二年己丑春毛内雲林作」の墨書銘から制作年が知れる。津軽に南画を伝えたのは雲林に始まると言われており、本作は雲林の基準作と言って良い作品である。毛内雲林 は弘前藩士で名は毛内有右衛門茂幹(しげもと)。大目付、藩主用人、留守居組頭を勤めた後に隠居剃髪して雲林と号し、多数の門人を育てた。江戸勤番の折に谷文晁らに学んだというが、南画を基本とした諸派折衷的画風である。

作品所在地の地図

関連リンク

三顧之礼図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

松藤菊図
松藤菊図

鶴沢探泉

関羽図
関羽図

小川破笠

松竹梅鶴図屏風
唐人図屏風
唐人図屏風

平尾魯仙

鏡池春景之図
鏡池春景之図

百川学庵

ページトップへ