天海大僧正絵像 てんかいだいそうじょうえぞう

絵画  日本画 / 江戸 / 日本  東北  青森県 

覚範 ( ~1835)
かくはん
青森県
江戸時代/1820
紙本著色 掛幅装
縦118.0cm 横53.0cm
一幅
青森県弘前市大字下白銀町1-6 弘前市立博物館
弘前市

天海は江戸時代初期の天台宗の僧。箱書には「慈眼大師真像 一軸」とある。作者の覚範は弘前の薬王院十三世で、弘前藩九代藩主寧親に重用された。箱書は覚範自身により、文政三年に本像の開眼供養した後、文政五年に藩主寧親の賛を得たとある。

作品所在地の地図

関連リンク

天海大僧正絵像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

津軽寧親絵像
津軽寧親絵像

狩野栄信

松藤菊図
松藤菊図

鶴沢探泉

梅図
梅図

劉世儒

三顧之礼図
三顧之礼図

毛内雲林

関羽図
関羽図

小川破笠

ページトップへ