黒書院一の間北長押上貼付

日本画 / 江戸 / 京都府 

狩野派
かのうは
京都府
江戸時代
縦138×横184
京都市中京区
収蔵場所:収蔵庫 部屋名:黒書院一の間 方角:北 内容:樹木、山
元離宮二条城
重要文化財

一の間は上段の間とも言う。将軍による内々の諸行事の際に用いられ、小広間のような役割を果たしていた。床貼付には松の老木を中心に、柴垣や紅梅、嶋鵯等の小鳥が描かれる。松の幹や柴垣にはうっすらと雪が積もっており、肌寒さの残る早春の情景が表現されている。違棚背後の貼付は床貼付から連続した図様となっており、柴垣に蔦、青竹が描かれる。部屋の正面に松竹梅による吉祥のモチーフを選んでおり、この間の華やかさを表している。長押上壁貼付は金の雲形に包まれた山が見えており、この画面は一の間東側の画面へと続く。
(注)左側の民家を中心に、漁船の浮かぶ水辺が水墨によって描かれる。この図様は一の間東側に続く天袋小障子絵と、対応した構図となっている。

作品所在地の地図

関連リンク

黒書院一の間北長押上貼付チェックした作品をもとに関連する作品を探す

黒書院一の間北床貼付
黒書院一の間北天袋北より1・2
黒書院一の間北違棚貼付
黒書院二の間北長押上貼付
黒書院一の間東長押上貼付
ページトップへ