文化遺産オンライン

尾関家住宅土蔵

おぜきけじゅうたくどぞう

作品概要

尾関家住宅土蔵

おぜきけじゅうたくどぞう

住居建築 / 江戸 / 中部

愛知県

江戸/1842

土蔵造2階建,瓦葺,建築面積28㎡

1棟

愛知県犬山市大字犬山字白山平2 他

登録年月日:19990823

登録有形文化財(建造物)

主屋の北西方に建つ南北棟、瓦葺切妻屋根、平入の2階建土蔵。桁行4間、梁間2間の規模で、東面に1間分の庇を差掛けて蔵前をとり、南端で主屋仏間北側の縁側につなげる。南面は下見板貼りに改装されているが、開口の少ない閉鎖的な造りになる。

尾関家住宅土蔵をもっと見る

国指定文化財等データベース(文化庁)をもっと見る

キーワード

犬山 / 愛知 / 土蔵 /

関連作品

チェックした関連作品の検索