文化遺産オンライン

尾関家住宅主屋

おぜきけじゅうたくしゅおく

作品概要

尾関家住宅主屋

おぜきけじゅうたくしゅおく

住居建築 / 江戸 / 中部

愛知県

江戸/1842

木造2階建,瓦葺,建築面積171㎡

1棟

愛知県犬山市大字犬山字白山平2 他

登録年月日:19990823

登録有形文化財(建造物)

犬山焼を復興した窯元の屋敷。犬山藩の御用瓦師時代に大火の出火元となったために現在地に移転した時のもの。東西棟、瓦葺切妻屋根、平入の2階建で、東側に土間をとり、西側南に床棚付き8畳ほか3室を並べ、北に仏間、納戸などを配する。

関連作品

チェックした関連作品の検索