旧古河鉱業若松ビル きゅうふるかわこうぎょうわかまつびる

その他の画像全2枚中2枚表示

近代その他 / 大正 / 九州 

福岡県
大正/1919/2004改修
煉瓦造2階建、銅板一部スレート葺、建築面積297㎡
1棟
福岡県北九州市若松区本町1-217他
登録年月日:20080708
北九州市
登録有形文化財(建造物)

鋭角の角地に敷地を占める、煉瓦造2階建。南西隅に大塔、南東に小塔を建てる。壁面はモルタル塗で、南面と西面は煉瓦タイル貼のピラスターを付け、その間に2連の縦長窓を上下階に開け、縦線を強調する。若松港のランドマークとして親しまれる。

作品所在地の地図

関連リンク

旧古河鉱業若松ビルチェックした作品をもとに関連する作品を探す

上野ビル(旧三菱合資会社若松支店)本館
上野ビル(旧三菱合資会社若松支店)倉庫棟
上野ビル(旧三菱合資会社若松支店)旧分析室
アートスペース谷尾(旧十七銀行直方支店)
上野ビル(旧三菱合資会社若松支店)門柱及び塀
ページトップへ