佐藤家住宅(新潟県岩船郡関川村) 新土蔵 さとうけじゅうたく しんどぞう

住居建築 / 明治 / 中部 

新潟県
明治/1892
土蔵造、桁行8.1m、梁間5.5m、一部二階建、切妻造、桟瓦葺、南面庇附属
1棟
新潟県岩船郡関川村大字下関897番地
重文指定年月日:19910531
国宝指定年月日:
重要文化財

佐藤家は米沢街道沿いに屋敷を構える有力地主の家で、江戸時代には村の庄屋を勤めた。敷地の正面、街道に面して茅葺屋根の主屋を建て、その背後に新座敷、上土蔵、米土蔵、新土蔵を配し、裏口に門長屋を構える。
 主屋は街道に向けた妻の左右に座敷を突出させているので、屋根の形が丁字形となり、特色のある外観となっている。
 広い敷地と規模の大きな主屋、土蔵などの附属屋がそろった佐藤家は、江戸時代からの有力地主層の住宅としての形態をよくとどめていて貴重である。

作品所在地の地図

関連リンク

佐藤家住宅(新潟県岩船郡関川村) 新土蔵チェックした作品をもとに関連する作品を探す

佐藤家住宅(新潟県岩船郡関川村) 上土蔵
佐藤家住宅(新潟県岩船郡関川村) 門長屋
佐藤家住宅(新潟県岩船郡関川村) 主屋
渡辺家住宅(新潟県岩船郡関川村) 新土蔵
渡辺家住宅(新潟県岩船郡関川村) 宝蔵
ページトップへ