銅鐘〈金ノ承安六年ノ銘アリ/〉 どうしょう〈きんのじょうあんろくねんのめいあり/〉

その他の画像全3枚中3枚表示

工芸 / 九州 

福岡県
高麗/1201
小形の朝鮮鐘。下帯に接して区画を設け刻銘がある。銘の反対側には、半月形を、両側には蓮花座を、またそれらの間には飛天を鋳出す。
高33.5 (㎝)
1口
福岡県太宰府市石坂4-7-2
重文指定年月日:19330123
国宝指定年月日:
登録年月日:
独立行政法人国立文化財機構
国宝・重要文化財(美術品)

この種の小鐘の中では、均整がとれた形態で、かつ銘文を存している点が注目される。

作品所在地の地図

関連リンク

銅鐘〈金ノ承安六年ノ銘アリ/〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

金錯銘直刀身
蘆屋楓流水鶏図真形釜
金銅孔雀文磬
梵鐘
大和国添上郡楢中郷家地手継券文(十六通)
ページトップへ