金銅孔雀文磬 こんどうくじゃくもんけい

その他の画像全2枚中2枚表示

工芸 / 鎌倉 / 九州 

福岡県
鎌倉/1213
銅鋳製鍍金。上縁左右に各三弧を、下縁に五弧を連ねた蓮弧式山形磬である。縁は厚く、稜部を削いで断面は八角状をなす。両面の中央に八葉複弁の蓮華形撞座を高肉に鋳表し、表にはそ…
高16.7㎝ 最大幅27.9㎝ 縁厚1.3㎝ 胎厚0.3㎝ 重量1470.0g
1面
九州国立博物館 福岡県太宰府市石坂4-7-2
重文指定年月日:19790606
国宝指定年月日:
登録年月日:
国(文化庁)
国宝・重要文化財(美術品)

形姿・製作技法共に優れて時代の特色を示すもので、かつその銘により基準作としても貴重である。銘文中の伊豆御山は、熱海走湯権現伊豆山神社のことで、藤原光員は源頼朝の挙兵に応じて戦功があった武将である。

作品所在地の地図

関連リンク

金銅孔雀文磬チェックした作品をもとに関連する作品を探す

金銅雲形孔雀文磬
草花孔雀文磬
金銅蓮華形磬
銅孔雀文磬
菊蒔絵手箱
ページトップへ