草花孔雀文磬 そうかくじゃくもんけい

その他の画像全2枚中2枚表示

工芸 / 平安 / 関東 

東京都
平安
鋳銅製で小形の磬。中央の山形がやや高く、左右に弧を連ね、下辺は緩やかな弧を連ねて州浜形を形成する。全体に直線的な輪郭である。縁は単条で、左右の肩に円形の素鐶を鋳出し、総…
裾(最大)幅15.0㎝ 肩厚14.3㎝ 高7.0㎝ 縁厚0.6㎝
1面
東京国立博物館文化庁分室 東京都台東区上野公園13-9
重文指定年月日:19530331
国宝指定年月日:
登録年月日:
国(文化庁)
国宝・重要文化財(美術品)

裏表を同じ文様とし、中央に仏桑花の撞座を配し、その左右に翼を張り尾を上げる孔雀を向かい合わせ、下方に小草を、撞座の上には蝶を表している。平安時代後期の時代性をよく表した優品。

作品所在地の地図

関連リンク

草花孔雀文磬チェックした作品をもとに関連する作品を探す

金銅雲形孔雀文磬
金銅孔雀文磬
銅孔雀文磬
松竹双雀葦手鏡
巴文大壺〈珠洲/〉
ページトップへ