松竹双雀葦手鏡 まつたけそうじゃくあしできょう

工芸 / 鎌倉 / 関東 

東京都
鎌倉
鋳銅製。花芯座鈕、単圏、直角式縁の小形の鏡。下方に流水をあしらった州浜を配し、その右に老松と竹を、左には竹叢のみを表し、その間に双雀を配している。また松の樹幹に「いろか…
径11.8 縁厚1.0 縁幅0.4 (㎝)
重279.5 (g)
1面
東京国立博物館文化庁分室 東京都台東区上野公園13ー9
重文指定年月日:19531114
国宝指定年月日:
登録年月日:
国(文化庁)
国宝・重要文化財(美術品)

小形であるが鋳上がりがよい鏡である。本鏡の模様は、『拾遺和歌集』巻第五「賀」所収、斎宮内侍の「承平四年中宮の賀し侍りける屏風に」の歌、「色かへぬ松と竹との末のよを、いづれひさしと君のみぞ見む」を葦手絵にしたものと考えられる。中世を通じて流行した葦手絵が用いられた鏡は数少なく貴重である。

作品所在地の地図

関連リンク

松竹双雀葦手鏡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

草花孔雀文磬
流水葦雁鏡
線刻十一面観音鏡像(萩蝶鳥文鏡)
菊座鈕小松流水文双雀鏡・菊座鈕小松散水文双雀鏡ほか硯2面
松喰鶴長方鏡
ページトップへ