菊座鈕小松流水文双雀鏡・菊座鈕小松散水文双雀鏡ほか硯2面 きくざちゅうこまつりゅうすいもんそうじゃくきょう・きくざちゅうこまつさんすいもんそうじゃくきょうほかすずりにめん

その他の画像全3枚中3枚表示

鎌倉 / 神奈川県 

鎌倉時代
4面
神奈川県逗子市桜山8丁目
個人蔵
市指定有形文化財(美術工芸品)

明治20年、小坪村(現在、逗子市小坪)の通称大塚の松の根元から出土した和鏡2面と硯2面です。和鏡は背面に単圏線をめぐらし、わずかに反りが見られます。硯は池も陸も側面が斜めに切られており、いずれも鎌倉時代の作と考えられています。

作品所在地の地図

関連リンク

菊座鈕小松流水文双雀鏡・菊座鈕小松散水文双雀鏡ほか硯2面チェックした作品をもとに関連する作品を探す

松竹双雀葦手鏡
名越切通
阿弥陀如来鏡像(松喰鶴文鏡)
籬垣菊双雀鏡
梅花檜垣群雀鏡
ページトップへ