菊七宝丸文散蝶鳥鏡 キクシッポウマルモンチラシチョウチョウキョウ

画像の利用条件等に関しては、登録館へお問い合わせください。

その他の画像全2枚中2枚表示

金工 

縁高:0.7cm
1面

鎌倉時代に入り、このような丸文を散らす図様が、鏡に限らず漆工や陶磁などにも見られだす。平安後期以来絵画表現主体であった工芸意匠に、単位文様の幾何学的構成が加わったのである。本鏡は外傾細縁の鏡胎、鈕座、水波文・蝶文の表現などE甲17-40と共通する特徴が多く、同一工房品であろう。

作品所在地の地図

関連リンク

菊七宝丸文散蝶鳥鏡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

松喰鏡
菊花流水双鳥鏡
菊花蝶鳥鏡
菊花双鳥鏡
洲浜柳樹双鳥鏡
ページトップへ