菊花蝶鳥鏡 キクカチョウチョウキョウ

その他の画像全2枚中2枚表示

金工 

径:10.5cm 縁高:0.6cm
1面

菊花文で最も早く登場するのが、本鏡のような鈕対称配置の菊である。ただ双鳥が並んで飛ぶ立面構図で、このような空間構成は三重県多度神社経塚出土の宋鏡式鏡群に典型的に見られる。葉などを輪郭表現する点も同様で、十二世紀前半~中葉の製作であろう。すでに側面菊や蝶が描かれて、絵画史的にも注目すべき図様である。

作品所在地の地図

関連リンク

菊花蝶鳥鏡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

萩薄双鳥鏡
菊花流水双鳥鏡
秋草蝶鳥鏡
菊花散双鳥鏡
菊花双鳥鏡
ページトップへ