菊花散双鳥鏡 キッカチラシソウチョウキョウ

その他の画像全2枚中2枚表示

金工 

径:11.1cm 縁高:0.9cm 縁幅:0.4cm
1面

花文を等間隔に散らす図様や、鈕の上側に双鳥を置く構図は鎌倉時代後期以降の特色で、本鏡はまだ小鳥にうごきがあるので、この種のものでは早い例であろう。なお菊花が型押し製笵によっていることも、時代性をよく表している。

作品所在地の地図

関連リンク

菊花散双鳥鏡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

菊花蝶鳥鏡
洲浜菊花双鳥鏡
瑞花双鳥鏡
菊花流水双鳥鏡
網代双鳥鏡
ページトップへ