萩薄双鳥鏡 ハギススキソウチョウキョウ

金工 

径:10.2cm 縁高:0.2cm
1面

緑褐色。細長形の素鈕に、無界圏、断面三角形の周縁をもつ宋鏡式和鏡の鏡胎で、厚さは約1mmと薄い。立面構図で、秋の草叢を飛翔する小鳥のモチーフは、十二世紀以降の和鏡文様の先駆をなすものである。とくに宋鏡式和鏡の文様は細線表現が特徴で、本鏡と近い文様表現の例として、佐賀県山崎経塚で天治元年(1124)銘経筒の底に使用されていた秋草双鳥鏡があるが(木下之治・松岡史1958)、本鏡の風になびく薄や軽やかに飛ぶ鳥の繊細かつ躍動的な表現は、それよりさらに早い製作になると思わせる。

作品所在地の地図

関連リンク

萩薄双鳥鏡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

菊花蝶鳥鏡
菊花双鳥鏡
洲浜柳樹双鳥鏡
松喰鶴群蝶鏡
秋草蝶鳥鏡
ページトップへ