桜花山吹双鳥鏡(線刻男神鏡像) オウカヤマブキソウチョウキョウ(センコクダンシンキョウゾウ)

その他の画像全2枚中2枚表示

金工 

径:11.4cm 縁高:0.6cm 縁幅:0.5cm
1面

同文様鏡は十二世紀後葉前後の経塚出土鏡に類例が幾つか知られ、中でも京都市稲荷山経塚鏡(岩井武俊1912)は、本鏡よりやや縁幅が狭いが、同一面径で鏡胎・文様共に近似している。近しい工房の製品か。鏡面には鳥居を背後にした男神像が毛彫りで描かれる。顔や衣文表現は比較的丁寧で、金峯山経塚出土の男神鏡像などと比べてもさほど開きはない。鏡制作時からあまり降らない時期に鏡像に転用したものであろう。

作品所在地の地図

関連リンク

桜花山吹双鳥鏡(線刻男神鏡像)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

瑞花双鳥鏡
男神鏡像
阿弥陀如来鏡像(松喰鶴文鏡)
菊花双鳥鏡
洲浜柳樹双鳥鏡
ページトップへ