伯耆長瀬高浜遺跡出土埴輪 ほうきながせたかはまいせきしゅつどはにわ

考古資料 / 古墳 / 中国・四国 

鳥取県
古墳
一括
東伯郡湯梨浜町大字久留19-1
重文指定年月日:19860606
国宝指定年月日:
登録年月日:
国宝・重要文化財(美術品)

長瀬高浜遺跡は天神川の右岸、この砂丘上に位置する。
 本埴輪群の一括は、径約八メートルの不整円形を呈する土壙から出土したものである。土壙の埋土は上下二層に分かれ、下層には井戸遺構に伴う多数の土師器群を含み、埴輪群はこの上層から一部は樹立した状態で出土した。この遺構の性格は今ひとつ明らかではないが、埴輪の諸内容は古墳出土品と特に変わるところはない。

作品所在地の地図

関連リンク

伯耆長瀬高浜遺跡出土埴輪チェックした作品をもとに関連する作品を探す

上野塚廻り古墳群出土埴輪
平所遺跡埴輪窯跡出土品
北海道湯の里4遺跡土壙出土品
長野県吉田川西遺跡土壙出土品
栃木県甲塚古墳出土品
ページトップへ