水戸市水道低区配水塔 みとしすいどうていくはいすいとう

近代その他 / 昭和以降 / 関東 

茨城県
昭和前/1932
鉄筋コンクリート造、高さ21.6m、直径11.2m
1棟
茨城県水戸市北見町126-14
登録年月日:19961220
登録有形文化財(建造物)

水戸市街の低地部分に給水を行うために建設された配水塔。設計は水道技師後藤鶴松で工事は市の直営で行われた。2階塔屋部の壁面にある浮彫彫刻や1階入口の装飾等に特徴があり,建設直後に既に水戸市の新名所として評判になる等,広く親しまれている。

作品所在地の地図

関連リンク

水戸市水道低区配水塔チェックした作品をもとに関連する作品を探す

水道タンク
児玉町旧配水塔
清水町配水塔資料館旧配水塔
燕市旧浄水場配水塔
荒巻配水池入口
ページトップへ