若狭の産小屋習俗 わかさのうぶごやしゅうぞく

その他の画像全5枚中5枚表示

無形民俗文化財 / 中部 

選択年月日:19761225
保護団体名:特定せず
備考:記録:『若狭の産小屋習俗(無形の民俗文化財記録第32集)』(文化庁文化財保護部・平成元年11月20日)
記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財

産小屋とは、出産のための小屋で、産婦は産の忌の期間、ここで別火生活を送った。福井県若狭地方でも昭和30年頃まで、「ウブヤ」と呼ぶ共有の産小屋があり、ここで出産をして忌明けまで過ごしたという。(※解説は選択当時のものをもとにしています)

関連リンク

若狭の産小屋習俗チェックした作品をもとに関連する作品を探す

磐城・岩代のミコサマの習俗
土佐の焼畑習俗
村山地方のオナカマ習俗
伊予の茶堂の習俗
陸前磐城のオガミサマの習俗
ページトップへ