文化遺産オンライン

木村家住宅主屋

きむらけじゅうたくしゅおく

概要

木村家住宅主屋

きむらけじゅうたくしゅおく

住居建築 / 昭和以降 / 中部

石川県

昭和前/1929

木造2階建、瓦葺、建築面積152㎡

1棟

石川県金沢市彦三町2-11-11

登録年月日:20040302

登録有形文化財(建造物)

大通りに北面して建つ和風住宅。入母屋造,桟瓦葺の木造2階建とし,1階正面中央に玄関を突出する。玄関脇応接室以外は和室で,座敷飾り等に銘木を使い,壁は弁柄,群青色の砂壁とする。正面に入母屋の妻を重ねたたちの高い外観は,地区でも一際目立つ存在。

木村家住宅主屋をもっと見る

国指定文化財等データベース(文化庁)をもっと見る

キーワード

金沢 / 石川 / / 住宅

関連作品

チェックした関連作品の検索