文化遺産オンライン

寺田家住宅主屋

てらだけじゅうたくしゅおく

概要

寺田家住宅主屋

てらだけじゅうたくしゅおく

住居建築 / 江戸 / 近畿

大阪府

江戸/1751-1829

木造平屋建、瓦葺、建築面積203㎡

1棟

大阪府柏原市今町2-1-14

登録年月日:20050712

登録有形文化財(建造物)

旧奈良街道に西面して建つ。切妻造,本瓦葺,平入,正面下屋庇付のつし2階建町家で,北半は居室部,南半は土間部として,北妻は段違いで座敷を延ばす。正面の上部は壁から軒裏まで漆喰塗とし,虫籠窓や1階の多彩な格子など,風格のある佇まいを呈している。

寺田家住宅主屋をもっと見る

国指定文化財等データベース(文化庁)をもっと見る

キーワード

大阪 / / /

関連作品

チェックした関連作品の検索