文化遺産オンライン

大曲家住宅主屋

おおまがりけじゅうたくしゅおく

概要

大曲家住宅主屋

おおまがりけじゅうたくしゅおく

住居建築 / 大正 / 九州 / 長崎県

長崎県

大正/1924

木造2階建、瓦葺、建築面積148㎡

1棟

長崎県平戸市岩の上町1172-1

登録年月日:20040609

登録有形文化財(建造物)

旧城下の武家地にあり,北西を正面とする。中央は木造2階建,切妻造,平入で,北東面に平屋建で切妻造の座敷を突出し,南西面にたちの高い下屋を設ける。全体に吟味した良材を用い,座敷も床・棚・付書院を備える。武家住宅の系譜を引いた書院造の近代住宅。

大曲家住宅主屋をもっと見る

国指定文化財等データベース(文化庁)をもっと見る

キーワード

平戸 / 長崎 / 住宅 /

関連作品

チェックした関連作品の検索