松浦家住宅御守堂 まつらけじゅうたくごしゅどう

住居建築 / 昭和以降 / 九州 

長崎県
昭和中/1957年
木造平屋建、瓦葺、建築面積60㎡、登廊付
1棟
長崎県平戸市鏡川町字御舘14イ
登録年月日:20141219
登録有形文化財(建造物)

主屋の座敷棟から西に一段高い中腹に位置し、主屋とは登廊でつなぐ。南面して建ち、正面入母屋造、背面切妻造とする妻入建物。正面を板の間、その奥を上段の板の間とし、神棚状の御霊壇を配する。旧藩主家の祖霊を祀る施設で、内部造作にも気品を備える。

作品所在地の地図

関連リンク

松浦家住宅御守堂チェックした作品をもとに関連する作品を探す

松浦家住宅主屋
鮎川家住宅主屋
亀岡神社弊殿及び登廊
大曲家住宅主屋
坂田家住宅主屋
ページトップへ