亀岡神社弊殿及び登廊 かめおかじんじゃへいでんおよびのぼりろう

その他の画像全2枚中2枚表示

住居建築 / 昭和以降 / 九州 

長崎県
昭和前/1926~1945
木造平屋建、瓦葺、建築面積9.6㎡
1棟
長崎県平戸市岩の上町字亀岡1517
登録年月日:20120813
宗教法人亀岡神社
登録有形文化財(建造物)

拝殿背面に幣殿を連ね、本殿と幣殿の間に登廊を架渡す。幣殿は桁行二間梁間一間、渡廊は桁行三間梁間一間、両下造桟瓦葺である。幣殿の棹縁天井をヴォールト状とし、登廊では太鼓橋状に起りをもたせ側面に欄干を配するなど、本殿と併せて独特の形式をもつ。

作品所在地の地図

関連リンク

亀岡神社弊殿及び登廊チェックした作品をもとに関連する作品を探す

亀岡神社拝殿
亀岡神社本殿
宮處八幡宮拝殿及び幣殿
稲荷神社拝殿及び幣殿
亀岡神社神楽殿
ページトップへ