文化遺産オンライン

宮處八幡宮拝殿及び幣殿

みやどころはちまんぐうはいでんおよびへいでん

概要

宮處八幡宮拝殿及び幣殿

みやどころはちまんぐうはいでんおよびへいでん

宗教建築 / 明治 / 中国・四国

香川県

明治/拝殿 1878 幣殿 1900

木造平屋建、瓦葺、建築面積131㎡

1棟

香川県高松市前田西町字岡崎512

登録年月日:20131224

宗教法人宮處八幡宮

登録有形文化財(建造物)

拝殿は桁行五間梁間二間、入母屋造本瓦葺で、正面に唐破風造の大振りな向拝を張出し、背面に両下造の幣殿を付属する。拝殿は外周に格子や舞良戸をたて、内部一室で格天井を張る。幣殿は二段階に床を高め、奥に本殿に昇段する階を備える。風格ある構えの拝殿。

関連作品

チェックした関連作品の検索