鑁阿寺経堂 ばんなじきょうどう

宗教建築 / 江戸 / 関東 

栃木県
江戸前期/1615-1660
桁行一間、梁間一間、一重もこし付、宝形造、本瓦葺、八角輪蔵付
1棟
栃木県足利市家富町
重文指定年月日:19841228
国宝指定年月日:
鑁阿寺
重要文化財

鑁阿寺は足利氏の居館跡に営まれた真言宗の古刹で、鎌倉時代建立の本堂と鐘楼は重要文化財に指定されている。
 経堂は江戸時代初期に建てられた桁行一間、梁間一間、一重もこし付、宝形造、本瓦葺の経蔵で、内部に一切経を納めた八角輪蔵を設ける。中世の遺風を伝えて全体に木割が太く、雄健の気風を保つうえに、もこし付経蔵の中では全国で二~三位に位置するほど規模も大きく、近世社寺建築として重要な遺構である。

作品所在地の地図

関連リンク

鑁阿寺経堂チェックした作品をもとに関連する作品を探す

鑁阿寺本堂
勝興寺 経堂
善光寺経蔵
本願寺 経蔵
安国寺経蔵
ページトップへ