若桜鉄道細見川橋梁 わかさてつどうほそみがわきょうりょう

その他の画像全2枚中2枚表示

近代その他 / 明治 / 中国・四国 

鳥取県
明治/1868-1911/1930改造移築
錬鉄製3連桁橋、橋長39m、コンクリート造橋台及び橋脚付
1基
鳥取県八頭郡八頭町富枝
登録年月日:20080708
株式会社若桜鉄道
登録有形文化財(建造物)

第三八東川橋梁より375m西方、八東川支流三倉川の最下流部に架かる。橋長39m、上路式、錬鉄製の3連桁橋。J形のスティフナーが特徴的な我が国初の標準設計桁である「作錬式」のプレートガーダーを、切断改造して転用したことが明らかな遺構。

作品所在地の地図

関連リンク

若桜鉄道細見川橋梁チェックした作品をもとに関連する作品を探す

若桜鉄道岩淵川橋梁
若桜鉄道若桜川橋梁
若桜鉄道第三八東川橋梁
若桜鉄道第一八東川橋梁
若桜鉄道第二八東川橋梁
ページトップへ