若桜鉄道第三八東川橋梁 わかさてつどうだいさんはっとうがわきょうりょう

その他の画像全2枚中2枚表示

近代その他 / 昭和以降 / 中国・四国 

鳥取県
昭和前/1930
鋼製7連桁橋、橋長110m、コンクリート造橋台及び橋脚付
1基
鳥取県八頭郡八頭町富枝
登録年月日:20080708
株式会社若桜鉄道
登録有形文化財(建造物)

落石覆から1.25km西方に位置する。八東川に架かる橋長110mの上路式鋼製7連桁橋。川の低水路上に約20m長の桁を3連わたし、その左右に10m長と13m長の桁を配する。長大な鋼製構造物がつくる歴史的景観が、山間部の近代化を端的に物語る。

作品所在地の地図

関連リンク

若桜鉄道第三八東川橋梁チェックした作品をもとに関連する作品を探す

若桜鉄道第一八東川橋梁
若桜鉄道第二八東川橋梁
若桜鉄道岩淵川橋梁
若桜鉄道細見川橋梁
若桜鉄道若桜川橋梁
ページトップへ