八勝寺阿弥陀堂 はっしょうじあみだどう

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 室町 / 九州 

熊本県
室町後期/1401-1500
桁行三間、梁間三間、一重、入母屋造、正面向拝一間、桟瓦葺
1棟
熊本県球磨郡湯前町字長谷場
重文指定年月日:20021226
国宝指定年月日:
湯前町
重要文化財

八勝寺阿弥陀堂は,人吉盆地東端,湯前町の南部にある。草創は鎌倉時代と考えられる。
 阿弥陀堂は,平地に西面して立ち,桁行3間,梁間3間,入母屋造,桟瓦葺で,正面に向拝を付ける。堂内は板敷の一室で,格天井を張る。中央背後の壁に接し
て禅宗様須弥壇を構え,方1間の禅宗様厨子を置く。
 八勝寺阿弥陀堂は,15世紀後半に遡るとみられる遺構で,人吉・球磨地方独特の中世社寺建築の古い様式をよく伝え,同地方を代表する中世三間仏堂の一つとして,高い価値がある。
 時代が異なるが,16世紀後半の厨子が残ることも貴重である。

作品所在地の地図

関連リンク

八勝寺阿弥陀堂チェックした作品をもとに関連する作品を探す

財賀寺 本堂内厨子
生善院観音堂
財賀寺 仁王門
明導寺阿弥陀堂
鑁阿寺本堂
ページトップへ