文化遺産オンライン

春畝〈浅井 忠筆 一八八八年/油絵 麻布〉

作品概要

春畝〈浅井 忠筆 一八八八年/油絵 麻布〉

絵画 / 明治 / 関東

浅井忠

東京都

明治/1888

1面

東京国立博物館 東京都台東区上野公園13-9

重文指定年月日:19700525
国宝指定年月日:
登録年月日:

独立行政法人国立文化財機構

国宝・重要文化財(美術品)

浅井忠(一八五六~一九〇七)は、近代洋画の先覚者として知られ、黒田清輝と並び、わが洋画壇に与えた影響は大きい。本図は明治二十一年に描かれ、翌年の第一回明治美術会に出品された作品で、画面上下を明暗の色調によって対比させ、繊【こま】やかな調子で農村の日常生活を情趣深く表現した傑作である。既指定に「収穫」(第二回明治美術会出品)がある。

関連作品

チェックした関連作品の検索