梅御殿 うめごてん

その他の画像全2枚中2枚表示

住居建築 / 明治 / 中部 

静岡県
明治/1868-1911
木造2階建、銅板葺、建築面積150㎡
1棟
静岡県三島市一番町15-6
登録年月日:20061018
三島市
登録有形文化財(建造物)

旧小松宮三島別邸の一部。池に臨む主座敷の床柱に梅が用いられている。敷地の高低差を利用したスキップフロアー状の建物で,西方の下階に玄関を設け,東方の上階に6畳と9畳3室を並べ,東南矩折れに10畳座敷を配する。数寄屋意匠による宮家住宅の一事例。

作品所在地の地図

関連リンク

梅御殿チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧小松宮別邸桜御殿
三養荘(旧岩崎久彌別邸)本館中央棟
河鹿園渓梅庵
三嶋暦師の館(旧河合家住宅主屋)
三養荘(旧岩崎久彌別邸)本館居間・書斎棟
ページトップへ