斑鳩寺聖徳殿中殿 いかるがでらしょうとくでんなかでん

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 大正 / 近畿 

兵庫県
大正/1916
木造平屋建、瓦葺、建築面積73㎡
1棟
兵庫県揖保郡太子町鵤709
登録年月日:20070731
宗教法人斑鳩寺
登録有形文化財(建造物)

聖徳殿は境内南寄りに東面して建つ。中殿は前殿と後殿を繋ぐ両下造の本瓦葺。梁間4間の身舎が二重折上格天井の内陣で,両側面の裳階は廊下とする。両妻の柱は前殿と後殿の柱を兼用し,内部空間は実質桁行5間規模となる。伊藤平左衛門設計の近代仏堂である。

作品所在地の地図

関連リンク

斑鳩寺聖徳殿中殿チェックした作品をもとに関連する作品を探す

斑鳩寺聖徳殿後殿
耕三寺信楽殿
春日神社神楽殿
泊神社幣殿
大念佛寺本堂
ページトップへ