斑鳩寺聖徳殿後殿 いかるがでらしょうとくでんこうでん

宗教建築 / 大正 / 近畿 

兵庫県
大正/1916
木造平屋建、銅板葺、建築面積212㎡
1棟
兵庫県揖保郡太子町鵤709
登録年月日:20070731
宗教法人斑鳩寺
登録有形文化財(建造物)

3層の屋根を重ねた八角円堂の外観で,中殿取合い部の南北に入母屋造翼部を突出。上層は三手先に扇垂木,中間の庇は平三斗に疎垂木,下層は出組に繁垂木と変化を付ける。内部は中殿に面して唐破風を飾り,中央に厨子を納める。伊藤平左衛門設計の近代仏堂。

作品所在地の地図

関連リンク

斑鳩寺聖徳殿後殿チェックした作品をもとに関連する作品を探す

斑鳩寺聖徳殿中殿
高野山霊宝館放光閣
身延山久遠寺三門
常楽寺薬師堂
身延山久遠寺本地堂
ページトップへ