Tsukayamashuzoshoshisetsu Shuoku

津嘉山酒造所施設 主屋

Details

Tsukayamashuzoshoshisetsu Shuoku

津嘉山酒造所施設 主屋

近代その他 / 昭和以降 / 沖縄

沖縄県

昭和/1928

木造、建築面積三三〇・四九平方メートル、寄棟造、本瓦葺

1棟

沖縄県名護市大中1丁目14番6号

重文指定年月日:20090630
国宝指定年月日:

合資会社津嘉山酒造

重要文化財

 津嘉山酒造所施設は,名護市街に所在する現役の泡盛醸造所施設である。主屋と麹屋は島袋純一の設計により昭和3年頃に建てられ,この頃から泡盛の生産を始めたとみられる。
 主屋は,泡盛醸造のための施設と居住部分を一体とした形式で,麹屋とともに昭和初期の酒造施設の形態を良くとどめており,貴重である。
 また主屋居住部は,沖縄地方の伝統的な住宅平面を受け継ぎながら,近代的な展開も示しており,沖縄の近代住宅を理解する上で重要である。

Related Works

Search items related to work chosen