文化遺産オンライン

金銀錯狩猟文鏡

きんぎんさくしゅりょうもんきょう

作品概要

金銀錯狩猟文鏡

きんぎんさくしゅりょうもんきょう

考古資料 / 戦国時代 / 関東

東京都

戦国

1面

東京都文京区目白台1-1-1

重文指定年月日:19370525
国宝指定年月日:19670615
登録年月日:

国宝・重要文化財(美術品)

中国河南省洛陽の古墓から出土した鏡で、鏡背には武装した騎馬の人物が右手に剣をとってかまえ、虎がこれにおそいかかる情景と、二頭の奇獣が相たたかう図と、羽を大きく広げた鳳凰【ほうおう】と思われる鳥を、金銀の極く細い線で表わしている。中国では戦国時代以来、すぐれた鏡が作られたが、これは戦国時代の鏡の中でも最もすぐれたものの一つで、中国工芸の精華を示すものである。

金銀錯狩猟文鏡をもっと見る

国指定文化財等データベース(文化庁)をもっと見る

キーワード

/ / 東京 /

関連作品

チェックした関連作品の検索