中沢川崩下流堰堤 なかざわがわくずれかりゅうえんてい

その他の画像全2枚中2枚表示

近代その他 / 大正 / 東北 

山形県
大正/1920頃
重力式石造堰堤、堤長15m、堤高3.4m
1基
山形県尾花沢市大字押切字柳平
登録年月日:20100115
登録有形文化財(建造物)

崩上流堰堤から直線状に延びる流路の70m下流に位置する。堤長15m、堤高3.4mの練積による重力式堰堤。堤高の低い堰堤を連続的に築くことで、急峻な河床勾配を段階的に緩和して河床を安定させ、周囲の緑の回復に寄与している。

作品所在地の地図

関連リンク

中沢川崩下流堰堤チェックした作品をもとに関連する作品を探す

中沢川河原沢堰堤
中沢川崩上流堰堤
正法寺川北沢第十四号石堰堤
中沢川東山堰堤
正法寺川南沢第十三号石堰堤
ページトップへ