中沢川河原沢堰堤 なかざわがわかわらさわえんてい

その他の画像全2枚中2枚表示

近代その他 / 大正 / 東北 

山形県
大正/1920頃
重力式石造堰堤、堤長29m、堤高1.7m、護岸付
1基
山形県尾花沢市大字押切字柳平
登録年月日:20100115
登録有形文化財(建造物)

崩下流堰堤の420m下流に位置する。堤長29m、堤高1.7mの練積で築かれた重力式堰堤で、下流側法勾配は3分とする。渓流最下流に立地し、水通し幅は18mと広くとる。他の堰堤と同様に堤体法面を急勾配で築いた砂防堰堤としては、全国的に初期の事例。

作品所在地の地図

関連リンク

中沢川河原沢堰堤チェックした作品をもとに関連する作品を探す

中沢川崩上流堰堤
中沢川崩下流堰堤
中沢川東山堰堤
正法寺川北沢第十二号石堰堤
正法寺川北沢第三号石堰堤
ページトップへ