郷原漆器の製作用具 ごうばらしっきのせいさくようぐ

その他の画像全2枚中2枚表示

有形民俗文化財 / 中国・四国 

岡山県
557点
真庭市蒜山上福田425
登録年月日:20070307
管理団体名:
備考:
真庭市
登録有形民俗文化財

 この資料は、真庭市蒜山西茅部の郷原集落で行われていた漆器の製作に用いられた用具である。この地域では、かつて主に椀物や木皿といった日用品を中心に、膳、杓子、仏具など多種多様な製品が作られており、いずれも固い栗材を用いて製作され、堅牢かつ比較的安価で実用的な漆器として広く流通した。
近世より集落のほぼすべての家が携わって製作してきた漆器産地の製作の実態をよく示しているものである。

作品所在地の地図

関連リンク

郷原漆器の製作用具チェックした作品をもとに関連する作品を探す

糸魚川木地屋の製作用具と製品コレクション 附木地屋関係文書
木曽塗の製作用具及び製品
東かがわの手袋製作用具及び製品
北陸地方の木地製作用具
高岡鋳物の製作用具及び製品
ページトップへ