昔語り下絵(僧)

絵画  油彩画 / 明治 / 日本 

黒田清輝
くろだせいき
1896年
油彩・カンヴァス
78.8 x 42.3cm

清閑寺住職の岩佐恩順が僧のモデルとなっている。焚火をかこむ2人づれと仲居、舞妓に熱心に語りつづける僧侶の顔には年輪が刻みこまれているが、風貌にはどこか野卑さがあり、仲居と並んで興味深い個性を感じさせる。

作品所在地の地図

関連リンク

昔語り下絵(僧)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

昔語り下絵(仲居)
《昔語り》の僧侶
昔語り下絵(男)
昔語り下絵(舞妓)
昔語り下絵(清閑寺門)
ページトップへ