嵯峨家住宅(秋田県秋田市大平目長崎) 主屋 さがけじゅうたく しゅおく

住居建築 / 江戸 / 東北 

秋田県
江戸末期/1801-1900
桁行18.6m、梁間11.0m、寄棟造、南面庇付、東面水屋附属、南面西端突出、
中門 桁行7.3m、梁間8.2m、入母屋造、茅葺
1棟
秋田県秋田市太平目長崎字上目長崎217番地1
重文指定年月日:19730223
国宝指定年月日:
重要文化財

秋田平野の東端に所在する農家で、構造技法等から19世紀前半の建築と推定される。嵯峨家はもと中世武士の出身と伝え、近世は肝煎を務めた。平面は、主屋南面の東西に突出部を出すいわゆる両中門造形式で、その特色を良く伝える。広い土間にはウマヤを備え、床上部は広間を中心に上手に二室座敷、裏と下手に寝室等がつく。

作品所在地の地図

関連リンク

嵯峨家住宅(秋田県秋田市大平目長崎) 主屋チェックした作品をもとに関連する作品を探す

三浦家住宅(秋田県秋田市金足黒川) 主屋
嵯峨家住宅 主屋 北米蔵 附南米蔵  
三浦家住宅(秋田県秋田市金足黒川) 米蔵
三浦家住宅(秋田県秋田市金足黒川) 文庫蔵
旧高橋家住宅(埼玉県朝霞市根岸台)
ページトップへ